国際宅配便・国際郵便(EMS)業者の特徴や料金など徹底比較!

2019.11.28物流記事一覧
Pocket

海外あてに書類や小包を送るときに使うサービスが国際宅配便・国際郵便です。複数の業者が独自のサービスを展開しており、送れるものや配達までの日数、料金にそれぞれ違いがあります。

この記事では、代表的な国際宅配便・国際郵便業者のサービス比較をご紹介します。送りたいものや目的に合わせて、最適なサービスを選択する材料としてお役立てください。

国際宅配便・国際郵便を利用する際の注意点

まずは、海外あてに荷物を送る際に共通する注意点をご紹介します。

国ごとに送付できるものに違いがある

国ごとに送付できないものが定められている場合があります。食品や化粧品など、届け先の国の規制に応じて禁制品があるので、事前に確認しましょう。

インボイスが必要な場合もある

国を超えた荷物のやりとりをする場合、税関で通関手続きを行うことが必要です。国際宅配便を利用する場合は、書類以外の荷物を送付する際に「インボイス」という荷物の内容証明となる書類を準備しなくてはなりません。国際郵便の場合は、基本的に(商品が20万円より少ない金額の場合)個人での手続きは不要です

関税諸費用が必要な場合もある

届け先の国で、輸入するときに関税諸費用が発生する場合があります。通常は届け先に請求されますが、トラブルがないように確認しておくようにしましょう。

国際宅配便・国際郵便が可能な企業

ここからは、国際宅配便・国際郵便を取り扱っている企業と、その主なサービスをご紹介します。

DHL


引用元:DHL

集荷から宅配まで一貫輸送という強みで、海外あてでも、最短翌日に届くというスピード配送が特徴です。2~5日で配送可能で、エリアによっては翌日朝に到着を指定できます。配達状況もリアルタイムで確認可能です。
基本サービスは「DHL Express Worldwide 」です。配達可能な営業日中の配達を行うサービスです。220以上の国・地域220以上の国・地域に対応。1梱包あたりの最大寸法は120 x 80 x 80cmで、70kgまで対応しています。

時間指定の有無

時間指定が可能なサービスもあります。「DHL Express 12:00」では正午12時までに、「DHL Express 9:00」では朝9時まで(アメリカは10:30まで)に配達されます。保証時間を過ぎた場合、一定条件下で返金されます。対応エリアには制限があります。

料金例

アメリカまで10kgの荷物を送る場合、かかる料金は41,840円です。

送れるもの、送れないもの

動物、剥製など、遺体・遺灰、金銀塊、現金、銃弾や爆発物、非合法物品の取扱いは不可です。また、国ごとに輸入制限が異なるので、事前に確認しましょう。

FedEx


引用元:FedEx

集荷から宅配まで一貫輸送で、スピード配達が強みの国際宅配便です。
主なサービスは「フェデックス・インターナショナル・エコノミー」で、220以上の国と地域に対応しています。アジア向け2~4営業日、アメリカ向け3営業日、ヨーロッパ向け3~4営業日で配送可能です。基本的には月曜~金曜の配達ですが、土曜日も配達できる地域もあります。荷物の最大寸法は幅274cm、長さ+胴回り330cm。重量は68kgまで可能です。その他にも最短翌日配達も可能なプライオリティサービスが多数準備されています。

時間指定の有無

「フェデックス・インターナショナル・ファースト」を利用すると、地域にもよりますが、貨物を前夜に発送し、翌朝には配達を完了できます。また、時間指定ができない場合も、営業所受け取りの指定ができるので、不在がちの場合は利用すると便利かもしれません。

料金例

アメリカまで10kgの荷物を送る場合、かかる料金は32,350円です。

送れるもの、送れないもの

輸送禁止されているのは、軍施設あての荷物、代金引換払いの荷物、遺体・遺灰、爆発物、銃器、生鮮食品、動物(剥製等も含む)、植物、有害廃棄物、違法なもの、濡れているもの、信書などです。ただ、個別に許可を得れば可能な場合もあるので、カスタマーセンターに問い合わせましょう。

UPS


引用元:UPS

時間指定や日時指定も可能なサービスです。

小口貨物輸送サービスとして、以下のサービスが準備されています。

UPSワールドワイド・エクスプレス・プラス

最速で午前8時(最短1~3営業日)。対応はアメリカ、ヨーロッパ、アジアの主要都市

UPSワールドワイド・エクスプレス

通常午前10:30または12:00までの字k難指定配達(最短1~3営業日)。対応はアメリカ、ヨーロッパ、アジアの殆どの地域、中南米の一部地域、カナダの主要都市。

UPSワールドワイド・エクスプレス・フレート・ミッドデイ

12:00または14:00までの時間指定配達(最短1~3営業日)。対応は世界30カ国以上。

UPSワールドワイド・エクスプレス・フレート

終業時間までに配達(最短1~3営業日)。対応は世界60カ国以上。

UPSワールドワイド・エクスプレス・セイバー

終業時間までに配達(最短1~3営業日)。対応は世界220カ国以上。

UPSワールドワイド・エクスプレス・エクスペダイテッド

終業時間までに配達(最短3~5営業日)。対応はアジア各国、ヨーロッパや南北アメリカの主要ビジネス街。
 
 
その他に、頻度の低い出荷向けの「「UPSインターネット・シッピング」、大量出荷の法人向けとして「UPS CAMPUSSHIP®」「WORLDSHIP®」「UPSマーケットプレースシッピング」等が準備されています。

配達可能日時

プラスのオプションで、土曜日の配達も可能です。時間指定の異なるサービスが複数展開されているので、相手先に時間指定で届けたい場合に便利です。

取扱いサイズ

1梱包の最大重量は70kgまで。1梱包の最長辺は274cmまで。 1梱包の最長辺と胴回り(縦x 2 + 高さx 2) の合計400cmまでの荷物に対応しています。

料金例

通常配送の条件と近い「UPSワールドワイド・エクスプレス・セイバー」を利用してアメリカまで10kgの荷物を送る場合、かかる料金は46,900 円です。

送れるもの、送れないもの

弾薬、銀行手形や貨幣、遺体・遺灰(人間・動物問わず)、有害廃棄物、大麻、偽造品、違法野生生物製品、違法麻薬、爆発物、違法タバコ、前駆体化学物質などが禁止されています。また、国ごとに禁制品もあるので、詳しくは確認しましょう。

ヤマト


引用元:ヤマト運輸

ヤマト運輸が提供している国際宅配便です。
メインのサービスは「国際宅急便」で、世界200を超える地域に届けられます。宅急便を展開しているエリアであればヤマトグループの会社が、それ以外の国は協力会社が届けます。アジア宅急便展開地域なら、最短翌日から配達できます。その他のサービスとして、「国際クール宅急便」「UPSワールドワイド・エクスプレス・セイバー」「国際貨物輸送サービス」「留学宅急便」の取り扱いがあります。

取扱いサイズ

サイズの上限は、縦・横・高さの合計が160cm以内で、重さが25kgまで。国内の宅急便と同様の60~160サイズまでの料金体系でわかりやすいです。書類を送る際には、お得な「書類パック」が利用できます。

料金例

アメリカまで10kgの荷物を送る場合、かかる料金は 8,850円です。所要時間は4~6営業日です。

送れるもの、送れないもの

食品関連では酒、腐りやすいもの、肉製品、生鮮食品、健康食品、生米、乳製品などが送れません。レトルトのものや味噌などは送れる場合がありますが、国ごとに規制があります。
また、切り花、種や土、動物、毛皮、ワシントン条約に抵触するもの(アロエはNGなので化粧品類には注意)。危険品、リチウム電池、乾電池が使われているもの、刃物、劇物、医薬品、現金、貴金属、美術品、たばこ、信書、ポルノ製品、などが禁止されています。上記以外にも、国別に禁制品があるので確認しましょう。

日本郵便


引用元:日本郵便

日本郵便が提供するのは「国際郵便」なので、その他のサービスとは異なります。特に違うのが通関の手続きで、商品の金額が小さければ、インボイス等の準備が不要です。民間のサービスに加えてややスピードに劣りますが、料金はお手頃です。
主なサービスは「国際スピード郵便(EMS)」。121の国と地域に配送できます。上記に加え、鮮度を守る「クールEMS」、EMS規定サイズ外も送れる「UGX」、小型物品をお得に送れる「国際eパケット」、さらに安く送れる「国際eパケットライト」などが展開されています。国際小包の配送方法としては、「航空便」「エコノミー航空便(SAL)」「船便」があります。航空便を使えば180以上の国と地域に送ることができます。

取扱いサイズ

EMSの場合、国によって、送ることができる荷物の大きさや重量に制限があります。具体的な例を下記表でご紹介します。

荷物の大きさ 重量
中国 最大1.8m、長さ+横周3m以内 重さ30kg以内
台湾 最大1.5m、長さ+横周3m以内 重さ30kg以内
アメリカ 最大1.5m、長さ+横周2.75m以内 重さ30kg以内
ウクライナ 最大1.5m、長さ+横周3m以内 重さ20kg以内

料金例

アメリカまで10kgの荷物を送る場合、かかる料金は 14,500円です。所要時間は3営業日です。

送れるもの、送れないもの

爆発物・危険物、麻薬類、生きた動物、わいせつな物品は送付できません。国ごとに禁制品があるので、詳しくは確認しましょう。

佐川急便


引用元:佐川急便

主なサービスは「飛脚国際宅配便」。220以上の国や地域に届けられます。ただ、どちらかというと法人向けのサービスで、個人で利用できる地域は限られています。運賃が細かく別れていて、実重量0.5kg刻みで計算されています。飛脚国際宅配分は、小さいものや書類を送るのに便利な「スモールパーセル(ビジネス小荷物)」「ドキュメントクーリエ(ビジネス書類)」の2つのサービスがあります。

取扱いサイズ

スモールパーセルは、1梱包3辺合計260cm以内・重量50kg以内の荷物を送ることができます。

料金例

アメリカまで10kgの荷物を送る場合、かかる料金は 21,200円です。所要時間は3営業日+国内集荷にプラス1営業日です。

送れるもの、送れないもの

化粧品、ポルノ雑誌やDVD、動植物、食品(生鮮食品、加工食品、健康食品、アルコール飲料、未加工豆類)、貴重品、化学品(医薬品、大麻、有害物質)、知的財産権の侵害に当たるもの、ワシントン条約で規制されているもの、通信機器、楽器、たばこ、などが禁止されています。また、国別にも禁制品があるので、確認しましょう。

用途別オススメの企業

業者ごとに特徴がさまざまなので、どこを使っていいか迷うかもしれません。よくある用途別にオススメの企業をまとめました。

最短で宅配したい場合

DHL、FedEx、UPSなど自社交通網を整備している海外サービスがオススメです。送りたいものや国によっても料金が違うので、比較の上選びましょう。

最安値で宅配したい場合

日本郵便の各サービスがオススメです。料金とスピードのバランスの良いEMSもありますが、費用を念頭におくのであれば「エコノミー航空便(SAL)」や「船便」を使うと安く送ることができます。

時間指定で宅配したい場合

DHL、FedEx、UPSの早朝配達など、時間指定ができるプランを利用しましょう。

着払いで発送したい場合

国内のサービスは基本的に発払いです。DHL、FedEx、UPSのサービスを使いましょう。ただ、着払いには一定のリスクがあるので、利用についてはよく検討してください。

おわりに

海外への配送サービスは複数ありますが、料金や到着までの日数は様々です。この記事を参考に、目的に合わせて最適なサービスを選択してください。

EC物流アウトーソーシング
ECショップ運営者様向けの物流のアウトソーシングサービスを始めております。

詳しくはこちら

Pocket

The following two tabs change content below.
DM Watch 編集部

DM Watch 編集部

ディーエムソリューションズ㈱のダイレクトメール・物流のエキスパートメンバーで結成。法人取引9,000社以上の実績にもとづいた、DMの反響アップ、コスト削減、業務改善などに役立つ情報を続々発信していきます。