物流アウトソーシングで気をつけたいメリット・デメリットとは?

2018.05.01物流記事一覧
Pocket

商品の管理や出荷作業などを専門業者に委託する物流アウトソーシングは、今では一般的となってきており、何らかの形で物流アウトソーシングを利用している企業は多くなっています。物流アウトソーシングを利用する際には、その仕組みやメリット、注意点を知っておくことがサービスを有効利用し、トラブルの未然防止に役立ちます。

物流アウトソーシングのメリットと注意点についてご紹介します。

物流アウトソーシングって何?

物流アウトソーシングとは、物流システムの構築と管理、そしてそのシステムの運営という物流に関わる業務のすべてを専門業者に委託する外部委託のことです。

専門業者に委託することで、スムーズなビジネスを展開することができます。

物流アウトソーシングでできること

物流アウトソーシングの業務範囲は一般的なもので以下のようなサービスとなります。

  • 検品
  • 保管、在庫管理
  • ピッキング
  • 梱包
  • 出荷

検品に関しては、個数管理一般的な製品の検品業務に加えて、クリーニングやラベルチェック、金属探知などのサービスを提供しているケースもあります。また、製品によっては温度管理サービスなどもセレクトすることができます。

物流アウトソーシングのメリット

自社で検品や流通、梱包、出荷を行わずに外部委託する物流アウトソーシングのメリットとはどのようなものなのでしょうか。

コスト削減と明確化

物流アウトソーシングの最大のメリットはコスト削減です。倉庫や配送ルート、トラックなどの準備、そして人材と物流を自社で賄うためにはコストと時間がかかります。専門業者に委託することで、そのコストを大幅にカットすることができるのです。

業務を効率化

複雑な作業とシステムが必要になる物流をアウトソーシングすることで、物流に関する負担を軽減し会社全体の作業効率をあげることができます。

また、物流システムを構築する時間を短縮できるので、より早くサービスを提供して利益を上げることができるのです。

サービスの質向上とリスク回避

物流アウトソーシングでは、専門業者に業務委託することになるのでサービスの質の安定を図ることができます。自社で物流システムを構築し運営する場合、専門業者と比べるとサービスの質などが低下しがちです。

その点、始めから専門業者に任せることで、質の高いサービスを業務開始直後から提供することができます。専門業者は、物流に関するあらゆる知識とノウハウを持っていますので、長年の営業で培ってきたサービスとノウハウを利用できるのは、大変大きなメリットです。

専門スタッフが丁寧に梱包や検品を行い、スピーディーに発送できるので顧客に提供するサービスの質が全体的に向上することとなります。

特に、SCMが進んでいる今、配送業務と物のサービス?は一体化したイメージを持たれやすくなっています。物流アウトソーシングで物流サービスの質を向上させることは、直接的に自社の顧客満足度の上昇につながります。

配送業務のミスは、信頼を損ねるきっかけにもなりますし、異物混入などのリスクもつきものです。専門業者にアウトソーシングすることで、このようなミスを回避することができます。

物流アウトソーシングでは、専門業者に業務委託することになるのでサービスの質の安定を図ることができます。自社で物流システムを構築し運営する場合、専門業者の比べるとサービスの質などが低下しがちです。

その点、始めから専門業者に任せることで、質の高いサービスを業務開始直後から提供することができます。専門業者は、物流に関するあらゆる知識とノウハウを持っていますので、長年の営業で培ってきたサービスとノウハウを利用できるのは、大変大きなメリットです。

専門スタッフが丁寧に梱包や検品を行い、スピーディーに発送できるので顧客に提供するサービスの質が全体的に向上することとなります。

特に、SCMが進んでいる今、配送業務とサービスは一体化したイメージを持たれやすくなっています。物流アウトソーシングで物流サービスの質を向上させることは、直接的に自社の顧客満足度の上昇につながります。

信頼を損ねるきっかけになりかねない業務をプロである専門業者にアウトソーシングすることで、ミスを回避することができます。

自由度の高さ

物流機能を自社で賄う場合、サービスが固定化してしまうというデメリットがあります。物流アウトソーシングのメリットは、物流機能に関して融通が利く専門業者のサービスを受けられるという点にあります。

物流の専門業者に委託することで、物流をひとつの商品や方法に固定化させない柔軟な対応が可能になります。従来の保管方法や配送方法では対応できない商品を取り扱う際にも、臨機応変な対応をすることができます。

物流アウトソーシングでは、専門業者に業務委託することになるのでサービスの質の安定を図ることができます。自社で物流システムを構築し運営する場合、専門業者の比べるとサービスの質などが低下しがちです。

その点、始めから専門業者に任せることで、質の高いサービスを業務開始直後から提供することができます。専門業者は、物流に関するあらゆる知識とノウハウを持っていますので、長年の営業で培ってきたサービスとノウハウを利用できるのは、大変大きなメリットです。

専門スタッフが丁寧に梱包や検品を行い、スピーディーに発送できるので顧客に提供するサービスの質が全体的に向上することとなります。

特に、SCMが進んでいる今、配送業務と物のサービスは一体化したイメージを持たれやすくなっています。物流アウトソーシングで物流サービスの質を向上させることは、直接的に自社の顧客満足度の上昇につながります。

信頼を損ねるきっかけになりかねない業務をプロである専門業者にアウトソーシングすることで、ミスを回避することができます。

物流アウトソーシングで気をつけるべきポイント

物流アウトソーシングはいいことばかりのようにも思えますが、デメリットや注意点もあります。物流アウトソーシングの注意点を確認しましょう。

情報漏洩のリスク

物流アウトソーシングの際には、委託先の業者に企業の秘密に当たる部分を提供する必要があります。

場合によっては長年のノウハウや入れ先などの情報を共有する必要が出てきます。そうなったときに、情報漏洩のリスクが付きまとうことになります。

また、梱包や発送に必ず必要な顧客情報が漏洩するリスクがあることに留意しておきましょう。

責任の所在があいまいになりがち

メリットの項目で「リスク回避」を上げましたが、トラブルが起こった時の責任の所在が分かりにくいというデメリットがあります。自社で物流システムを構築した場合は、責任の所在は非常に明確です。トラブルで被害にあった顧客に対して、責任の所在を明らかにして再発防止を確約するという対応をスピーディーに行うことができます。

その反面、アウトソーシングし場合には、責任の所在がどこあるのかという検証に時間がかかるケースがあるのです。

「契約時にしっかりと確認しておけば問題ない」ようにも思えますが、どのような時にどんな状況下でトラブルが起こるかは、誰にも解らないのです。

物流アウトソーシングのデメリットを軽減するために

物流アウトソーシングには、コスト削減やサービスの質向上といったメリットがある反面、デメリットもあります。

デメリットを軽減して物流アウトソーシングを利用するためにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

業務の複雑化を避ける

物流アウトソーシングの場合、業務委託後の自社の業務の変化やお互いの作業範囲を明確にすることか非常に重要です。

責任の所在を明確にさせるという点でも有意義ですが、お互いの業範囲を作業の流れに沿って確認することで、業務の複雑化を避けることがポイントです。

秘密保持契約は必ず結ぶ

デメリットの項目でご紹介した、情報漏洩のリスクを軽減するために必ず必要なのが「秘密保持契約」です。
物流アウトソーシングの場合、どうしても「業務委託契約書」に気を取られてしまいます。情報漏洩のリスクを減らすためにも、秘密保持契約の締結は業務委託契約の内容と同様に重要なポイントとなります。

秘密保持契約の際には、契約の有効期限や内容、範囲などを入念に確認しましょう。

業務委託契約の内容にも注意

企業同士の業務委託ですから、契約書を交わすことになります。その際には、業務委託の範囲や料金、有効期間や解約の際の取り決めなどの加えて、損害賠償の項目も必ず追加しておきましょう。損害賠償に関する取り決めをしておくことで、損害を与えないようより注意深く業務にあたることにもつながります。

企業同士の業務委託ですから、契約書を交わすことになります。その際には、業務委託の範囲や料金、有効期間や解約の際の取り決めなどを加えて、損害賠償の項目も必ず追加しておきましょう。損害賠償に関する取り決めをしておくことで、損害を与えないようより注意深く業務にあたることにつながります。

そして、請負契約か委任契約という点もポイントになります。同じようにも思えますが請負契約と委任契約は全く異なる契約です。

請負契約は「仕事の完成」を目的とした契約のことで、委任契約とは、「一定の行為」の遂行を目的とした契約です。つまり、請負契約の場合は委託した仕事が完成することが必要ですが、委任契約の場合はある程度の作業をしていればそれで足りるということになります。

つまり、委託先の業者の責任の範囲も変わってくることになります。請負契約では結果についての責任、委任契約は過程について責任が委託先の業者に発生するのです。

どちらの契約がよりお互いのニーズに合っているかをしっかりと確認して契約に臨みましょう。

おわりに

物流アウトソーシングには、コスト削減や作業効率化など、様々なメリットがある一方で、情報漏洩や責任の所在などのリスクが生じます。

デメリットを軽減し、物流アウトソーシングをうまく利用するためには秘密保持契約の締結や業務委託契約の内容の確認などが重要です。

しっかりと委託先と打ち合わせをすることでリスクを軽減することができます。

 

タグ : コスト削減
Pocket

The following two tabs change content below.
DM Watch 編集部

DM Watch 編集部

ディーエムソリューションズ㈱のダイレクトメール・物流のエキスパートメンバーで結成。法人取引9,000社以上の実績にもとづいた、DMの反響アップ、コスト削減、業務改善などに役立つ情報を続々発信していきます。