日本郵便のゆうメールの規格や料金などの特徴を徹底解説!

2018.05.01発送代行記事一覧
Pocket

この記事では、日本郵便のゆうメールを利用してダイレクトメール(以下:DM)を送付する際に知っておくべき情報を解説します。

特に、下記4項目、

  • DMの規格(サイズ・重量)と料金
  • 送付可能なもの、同封・同梱可能なもの
  • 配達方法、追跡番号の有無
  • 配達希望時間指定、土日祝の配達有無

について詳しく解説していきます。

日本郵便のゆうメールを利用する前の前提

ゆうメールの特徴の前に前提として、DM送付に日本郵便を利用し、ハガキや50g以下(定形内)の手紙などを送る場合の料金は以下の通りです。

日本郵便を利用し、ハガキや50g以下(定形内)の手紙などを送る場合の料金

DMの場合、例えばカタログ冊子やカレンダー、DVDなど様々なものを送ることもあります。

そういった時に日本郵便の場合、ゆうメールまたは普通の定形外郵便を利用することになります。これから解説するのは、そういったDMを送る際の定形外郵便とゆうメールでの金額の差や、ゆうメールの特徴についてです。

まずは定形外郵便も含めた、「規格内」「規格外」のサイズ・重量・料金について解説します。

規格と料金について

ゆうメールを利用するほうが安くなる場合と、定形外郵便を利用するほうが安くなる場合の2種類があります。

実は定形外とゆうメールには全く同じ「規格」がありますが、それぞれ料金は異なります。
また、「規格外」となるゆうメールと定形外郵便の料金もそれぞれ異なります。

ゆうメールと定形外郵便の価格比較

まず、それぞれの規格と規格外の範囲は以下の通りです。

ゆうメールの規格と規格外の範囲

また、これらの料金は以下の表のとおりです。

ゆうメール規格内

ゆうメール規格内料金表

ゆうメール規格外

ゆうメール規格外料金表

上記の表から100g以下の普通の手紙のようなDMであれば定形外郵便の方がお得で、100g以上であればゆうメールの方がお得ということが分かります。

次に、ゆうメールで発送可能なもの、送付不可能なものについて解説します。

ゆうメールで発送可能なもの、不可能なもの

それでは、ゆうメールにはどのようなものが送付できて、どのようなものが発送できないのかを解説します。

また、ここでお伝えするもの以外にも送付できるものがある可能性は高いので、もし気になるものがあればお近くの郵便局で気軽に尋ねてみると良いでしょう。

ゆうメールで発送可能なもの

ゆうメールで送付可能なものは以下のようなものです。

  • 書籍、雑誌、カタログ、会報、各種マニュアル類
  • CDやDVDなどの電磁的記録媒体
  • コイル状の金具でとじたカレンダーなど
  • 冊子を筒状にして梱包しても送付可能

上記のような送付物に同封・同梱可能なものは以下のようなものです。

付録

付録は内容物よりも軽いものである必要があります。また同封・同梱する際は、内容物のタイトルと「付録」と記載する必要があります。

注文用の払い込み用紙、返信に必要な事項を記載した用紙

申し込み用紙やアンケート用紙などに当たります。

返信用はがきや封筒

注文を促すための商品見本

「見本」「サンプル」「試供品」のうちのいずれかの文字を記載したものに限ります。

上記のほかに注文または返信を促すためのもの、その他これに類するもの

割引券、クーポン券、記念品贈呈券、駐車券、昼食券、申し込み用紙への記入のためのボールペンなどがこれに当たります。

ゆうメールで送付不可能なもの

ゆうメールで発送不可能なものは以下の通りです。

信書

ただし、内容物に関する簡単な挨拶状や、請求書の無封の添え状や送り状は送れます。

印刷を利用していないもの

手書きの紙などは送れません。

また、航空制限に引っかかるものに関しては、航空以外の輸送手段がとられます。

送付可能なもの、送付不可能なものをまとめると、カタログや冊子、申し込み用紙や付録、サンプル、CDなど、DMに入れたいものはたいていのものが送付できることが分ります。

次に、ゆうメールの配達方法について解説します。

ゆうメールの配達方法や時間、追跡について

ゆうメールは日本郵便のサービスなので、郵便ポストに投函もしくは、お近くの窓口にて直接依頼する2通りの配送依頼方法があります。ただし、郵便ポストに投函する場合は、後述する2つの注意点を満たしていなければならないので注意してください。

配達方法

ゆうメールは基本的にはポスト投函による配達方法です。しかし、規格外であきらかにポストに入らない郵便物の場合、不在通知が入るので受取人からすれば「DMのためになぜわざわざ自分が動かなければならないのか」という疑問を抱いてしまいます。

ですので、基本的には規格内の大きさにすることが原則です。

また、ゆうメールは日本郵便のサービスなので、支払方法は「現金」「切手」「後納」「受取人払い」「着払い」「別納」のなど選択肢が豊富です。DMで利用する場合は基本的に現金か切手、別納などになると思います。
また、別納は大量のDMを発送する際に便利です。

支払いに関しては、窓口であれば領収書は基本的にもらえます。
しかし、配達がきちんと行われたかなどの証明はオプションの「書留」を利用し、さらに「配達証明」などのオプションを付けないといけないので、かなり割高となります。

追跡番号と配達日指定

ゆうメールに追跡番号はありません。ただし、「特定記録」というオプションを利用する事により、インターネット上で配達状況を確認できます。また、受取人にDMが送付されたらEメールで通知がくる「配達完了メールサービス」も利用可能です。

ただし、このオプションは一通あたり160円がかかります。300通以上の送付で一通あたり11円の割引となりますので、300通以上の場合は149円となります。

また、ゆうメールは基本的に配達希望時間の設定、および日・祝の配達がありません。ただし、これもオプションで「配達日指定」をすれば日・祝の配達も行ってもらえます。

しかし、時間帯は基本的に希望できず、また、一通当たり、51円の追加料金がかかります。

ゆうメールの注意点

ゆうメールを郵便局の窓口で利用する際は間違えることはないと思いますが、ポスト投函によって利用する場合に注意すべき点が2つあります。

注意すべき点

  • 「ゆうメール」と郵便物の1つ1つに記載
  • 中身が確認できるようにする

中身が確認できるようにする方法

  1. 封筒の一部または全部を透明にする
  2. 封筒を開けるようにしておく
  3. 同一の内容物を全て郵便局に提出しておく

このような注意点があります。こういったことやオプション、別納などいろいろと細かい点もありますので、ゆうメールを利用する際は基本的に郵便局の窓口で行うのが良いでしょう。

最後にゆうメールの特徴を図と表でまとめておきますので、参考にしてください。

入れられるもの、入れられないもの

ゆうメールで発送できるもの

  • 書籍、雑誌、カタログ、会報、各種マニュアル類
  • CDやDVDなどの電磁的記録媒体
  • コイル状の金具でとじたカレンダーなど
  • 冊子を筒状にして梱包しても送付可能

ゆうメールに同梱できるもの

  • 信書
    ※内容物に関する簡単な挨拶状、請求書の無封の添え状などは送れます。
  • 印刷を利用していないもの(手書きの紙など)
    ※航空制限に引っかかるものは、航空以外の輸送手段がとられます。

ゆうメールに同梱できるもの

  • 付録
    (付録は内容物よりも軽いものである必要があり、同封する際は、内容物のタイトルと「付録」と記載する必要があります。)
  • 注文用の払い込み用紙、返信に必要な事項を記載した用紙
    (申し込み用紙やアンケート用紙などに当たります。)
  • 返信用はがきや封筒
  • 注文を促すための商品見本
    (「見本」「サンプル」「試供品」のうちのいずれかの文字を記載したものに限ります。)
  • 上記のほかに注文または返信を促すためのもの、その他これに類するもの
    (割引券、クーポン券、記念品贈呈券、駐車券、昼食券、申し込み用紙への記入のためのボールペンなどがこれに当たります。)

配達に関して

ゆうメールの配達に関して

※ゆうメールには追跡番号や配達時間指定が基本的にはありません。
ただし、オプションによって、受け取り通知や日・祝に送付するといったことが可能になりますが、有料ですので注意が必要です。

おわりに

以上、日本郵便のゆうメールについての特徴について解説してきました。

また、別記事でヤマト運輸、佐川急便、西濃運輸の記事、それらのメリット・デメリット比較の記事も用意しております。

企業や店舗によって、送付するDMの種類や、大きさ、重さ、件数が違いますので、ゆうメール以外の記事も良くお読みになってベストな配送業者を探してください。

 

タグ : 発送
Pocket

The following two tabs change content below.
DM Watch 編集部

DM Watch 編集部

ディーエムソリューションズ㈱のダイレクトメール・物流のエキスパートメンバーで結成。法人取引9,000社以上の実績にもとづいた、DMの反響アップ、コスト削減、業務改善などに役立つ情報を続々発信していきます。