ヤマト運輸のクロネコDM便(旧メール便)の規格や料金などの特徴を徹底解説!

2018.05.01発送代行記事一覧
Pocket

この記事では、ヤマト運輸のクロネコDM便を利用してダイレクトメール(以下:DM)を送付する際に知っておくべき下記4項目と、クロネコDM便の特徴について解説します。

  • DMの規格(大きさ・重さ)と料金
  • 発送可能なもの、不可能なもの
  • 配達方法、追跡番号の有無
  • 配達希望時間指定、土日祝の配達有無

クロネコDM便の前提

クロネコDM便で送れるものや、規格などを知る前に、前提として知っておくべきことがあります。

それは、「縦11.5cm×横23cm以上」の配達物でないと、利用できないという点です。とは言っても、数字だけでは想像しにくいかもしれませんので、主要なDMの形態でヤマト運輸では取り扱えないものを1つ挙げておきます。

郵便ハガキ(POST CARD)

郵便ハガキは、簡単なDMによく使われる形態ですが、これらはヤマト運輸では取り扱い不可能です。
規定の最小サイズを下回る事もありますが、郵便ハガキはそもそも日本郵便のものですし、ヤマト運輸は大きな荷物の取り扱いが主な事業ですので、送り状への記載情報が細かく、送り状のサイズが大きくなっています。そのため、小さいハガキでは送り状が貼れません。

ハガキを発送する場合は、基本的に日本郵便の取り扱いとなります。

クロネコDM便で送れる最小サイズの目安としては、長形3号の封筒です。
こちらはA4サイズの用紙を三つ折りして入れるのに適しており、一般的にも広く使用されているため、一度は目にした事があると思います。
長形3号の封筒サイズは、12㎝×23.5㎝となりますので、こちらよりも縦横それぞれ5㎜以上小さくなるものが、配送できないサイズとなります。
まずはこの前提条件をしっかり覚えておきましょう。

次に、規格と料金について解説します。

クロネコDM便の規格と料金

クロネコDM便の規格については以下の通りです。

規格規定

  • 11.5cm×23cm以上のものであること
  • 長辺+短辺+厚さの合計が60cm以内であること
  • 最長辺が34cm以内であること
  • 厚さが2cm以内であること
  • 重量が1kg以内であること
最大規格例
  • 長辺34cm×短辺24cm×厚さ2cm(3辺の合計が60cm)で1kg
    ※A4サイズの冊子や細かい付録などはラクラク入ります

規格は上記のような規定となっています。DMとして利用されることが多い「A4サイズ」が楽に入る規格サイズを持っていますので、DM発送には大変便利です。

また、料金は全国一律ですが、顧客ごとの諸条件(数量や出荷形態等)に応じて一個あたりの料金は上下します。

ただし、一個当たりの上限金額は164円です。

この金額が安いかどうかについては、主要配送業者のメリット比較の記事で解説していますが、端的に言うと「安い」です。また、数量が増えれば増えるほど、安くなる可能性が高いので大量送付のDMにもおすすめです。

また、一括で大量に発送する場合は、発送代行業者やDM作成代行業者などを通すと、封入などの手間になる作業も委託できる上、送料もさらに安くなる可能性が高いです。なぜなら、こういった業者は基本的にヤマト運輸などの配送業者と提携しており、月々の配送数が多い優良顧客である可能性が高いためです。

それでは次に、発送可能なものや、不可能なものについて解説します。

クロネコDM便で送れるもの、送れないもの

クロネコDM便では、例えば冊子や、CDなど一般的なDMに利用できそうなものはほとんど送ることができます。

この場合、送れないものを知っておいたほうがDMを作成する際にも、発送する際にも注意しやすいかと思いますので、発送できないものを全て挙げておきます。DM発送にお役立てください。

クロネコDM便に入れられないもの

  1. 有価証券(現金、小切手、手形、株券、その他の有価証券など)
  2. クレジットカードやキャッシュカードなどのカード類
  3. 再発行が困難な受験票、パスポート、車検証類
  4. 再生不可能な原稿、原図、テープ、フィルム類(CDやDVD、テープ、フィルム類などはコピーできるものであれば可)
  5. 犬、猫、小鳥などのペット類
  6. 毒物および劇物類
  7. 遺骨、位牌、仏壇
  8. 銃砲刀剣
  9. 発火性、引火性、揮発性のある物品または火薬類(花火、ガスボンベ、灯油、シンナーなど)
  10. 一梱包の価格が30万円を超える荷物(ヤマト便なら送付可能)
  11. 不潔な物品など、ほかの荷物に損害を及ぼす恐れのある荷物
  12. 信書、その他法令の規定や公序良俗に反するもの

以上が基本的にヤマトのDM便には入れられないものです。

次に、航空制限がかかるものについて挙げておきます。

航空搭載できないもの

  1. 火薬類
  2. 高圧ガス
  3. 引火性液体
  4. 可燃性物質
  5. 酸化性物質
  6. 毒物類
  7. 放射性物質
  8. 腐食性物質
  9. その他の有害物質

事前申請が必要な航空搭載可能なもの

  1. ドライアイス
  2. リチウムイオン電池、およびそれを内蔵した製品
  3. GPSや電波を発信する機器

以上が入れられないものなどということになりますが、基本的には、危険物や紛失すると取り返しのつかないもの、法的に引っかかるものなどが入れられないということです。

つまり、逆に言えば、DMに一般的に入れる、カタログ冊子やカレンダー、CDや申し込み用紙など、様々なものが入れられるということです。

次に、配達方法や時間指定、追跡番号に関して解説します。

クロネコDM便の配達方法や時間、追跡について

まず、クロネコDM便の集荷や配達方法について解説します。

集荷、配達

クロネコDM便を利用する場合、お近くのヤマト運輸の店舗に直接荷物を持っていく方法と、「集荷」という方法があります。

集荷では、送り状を自分で用意するか、集荷の際にドライバーに持ってきてもらう必要がありますが、DMの場合数が多いので、事前に準備するのが適切でしょう。

しかし、ヤマト運輸の店舗、コンビニで送り状はもらえますが、数が多い場合、手書きは確実に時間がかかるので、あまりおすすめはできません。

そして、実はそれよりもはるかに効率の良い方法があります。

それは、ヤマト運輸のサイトから利用できる「送り状発行システムB2クラウド」を利用することです。

これを利用すれば、お手持ちのリストをExcel・CSV形式で取り込むことができ、プリンターで一気に印刷することができるので、大変便利な機能となっています。

また、支払いは「現金」「電子マネー」「掛売」の3つがあります。掛売は個人事業主や法人の場合のみ利用ができますが、ヤマト運輸との契約が必要です。

DMを何回も送る必要がある場合は、月々の支払いをまとめられる、この契約をしておくのが良いでしょう。

配達はポスト投函が基本ですが、ポストに入りきらない場合は持ち帰られます。ですので、受領印などはもらえません。また、表札がない場合は、投函されない可能性もありますので注意が必要です。

追跡番号と配達希望日時

クロネコDM便には基本的に追跡番号が存在します。

12桁の追跡番号を、ヤマト運輸のサイトで検索することで送達状況を確認する事ができます。ただし、宅急便などとは違い、クロネコDM便では「発送」「投函完了」等の簡易的な追跡結果のみが出ます。配達中どこまで移動しているか等の詳細情報は、取得できません。

そして、クロネコDM便は400km圏内であれば集荷の翌々日、400km以上であれば、集荷日含め4日目に届きます。(送達目安となるため、前後する場合もあります。)

さらに、土・日・祝も含め、365日配達を行っているため、上記の翌々日や4日という目安にはこれらの休日も含まれます。

しかし、DM便は時間の指定はできません。これは、ポスト投函であるため、時間指定する意味があまりないためです。

以上がクロネコDM便の主な特徴となります。最後に、ここまでの特徴を表や図にまとめておきますので参考にしてください。

規格と規定料金

規格

  • 11.5cm×23cm以上のものであること
  • 長辺+短辺+厚さの合計が60cm以内であること
  • 最長辺が34cm以内であること
  • 厚さが2cm以内であること
  • 重量が1kg以内であること
最大規格例
  • 長辺34cm×短辺24cm×厚さ2cm(3辺の合計が60cm)で1kg
    ※A4サイズの冊子や細かい付録などはラクラク入ります

料金

最大で一個164円

※1発送個数、荷物の規格、取引数などによって変化
※2代行業者を利用すると安くなる可能性大

クロネコDM便に入れられないもの

入れられないもの

  • 有価証券(現金、小切手、手形、株券、その他の有価証券など)
  • クレジットカードやキャッシュカードなどのカード類
  • 再生不可能な原稿、原図、テープ、フィルム類(CDやDVD、テープ、フィルム類などはコピーできるものであれば可)
  • 犬、猫、小鳥などのペット類
  • 毒物および劇物類
  • 遺骨、位牌、仏壇
  • 銃砲刀剣
  • 発火性、引火性、揮発性のある物品または火薬類(花火、ガスボンベ、灯油、シンナーなど)
  • 一梱包の価格が30万円を超える荷物(ヤマト便なら送付可能)
  • 不潔な物品など、ほかの荷物に損害を及ぼす恐れのある荷物
  • 信書、その他法令の規定や公序良俗に反するもの

航空搭載できないもの

  • 火薬類
  • 高圧ガス
  • 引火性液体
  • 可燃性物質
  • 酸化性物質
  • 毒物類
  • 放射性物質
  • 腐食性物質
  • その他の有害物質

事前申請が必要な航空搭載可能なもの

  • ドライアイス
  • リチウムイオン電池、およびそれを内蔵した製品
  • GPSや電波を発信する機器

※DMに一般的に入れる、カタログ冊子やカレンダー、CDや製品のサンプル、申し込み用紙などは基本的に入れられる

配送・その他

ヤマト運輸のクロネコDM便(旧メール便)の配送・その他特徴について

補足情報

  • 送り状はコンビニやヤマト運輸の店舗などでももらえる
  • 受取人の住所に表札がない場合は送り返される可能性が高い
  • ヤマト運輸と契約をしていれば掛売ができるので便利
  • 400km圏内で翌々日、400km以上で4日目(土日祝も含む)

おわりに

以上、ヤマト運輸のクロネコDM便の特徴について解説してきました。

クロネコDM便はA4サイズ程度のDMを安く大量に発送するのにとても便利で、しかも土日祝の配送や追跡が可能という特徴があります。

また、別記事で日本郵便、佐川急便、西濃運輸の記事、それらのメリット・デメリット比較の記事も用意しております。

企業や店舗によって、発送するDMの種類や、大きさ、重さ、量が違いますので、クロネコDM便以外の記事もよくお読みになってベストな配送業者を探してください。

 

タグ : 発送
Pocket

The following two tabs change content below.
DM Watch 編集部

DM Watch 編集部

ディーエムソリューションズ㈱のダイレクトメール・物流のエキスパートメンバーで結成。法人取引9,000社以上の実績にもとづいた、DMの反響アップ、コスト削減、業務改善などに役立つ情報を続々発信していきます。