サイズで選ぶ!ダイレクトメールで成功するための用紙の選ぶポイントとは?

2018.05.01発送代行記事一覧
Pocket

ダイレクトメール(以下:DM)を作るときに誰もが考えるのは「用紙のサイズ」です。しかし、ハガキが良いのか、A4サイズのチラシが良いのか、もっと違う形が良いのか、「正直なところ自社のDMに最も効果的なサイズはどのようなものなのかわからない」というのが多くの人の本音だと思います。

今回の記事では、そのような悩みを抱えた方に向けて

  • DMの用紙サイズの基本的な情報
  • どのような考え方でサイズを決定すべきか
  • 用途別の効果が出やすい用紙サイズ

について解説します。

用紙サイズの基本情報

多くの人がDMと聞くと、ハガキやA4サイズのチラシなど、オーソドックスなDMを想像すると思いますが、実際には「この形でなくてはならない」という決まりは一切ありません。

ある程度の形が決められているものが一般的ですが、中には「え?これDMなの?」というような形のものもあります。

こういった特殊なサイズのDMはインパクトが強いのでおすすめなのですが、一般的な郵便物に対して料金が割高なことや制作に労力がかかるというデメリットもあるので、「なんとなく」でやるべきDMではありません。

効果が出やすいという点ではおすすめですが、そのために作りこむ努力を惜しんではならないということです。

それでは逆にハガキやA4サイズなどのオーソドックスなDMにはどのようなサイズがあるのでしょうか。

用紙と封筒のサイズ一覧

郵便物や、書籍など国内で扱われている定形の用紙サイズを表にまとめてみましたので、まずはご覧ください。

A判

サイズ名 サイズ
A0 841mm × 1189mm
A1 594mm × 841mm
A2 420mm × 594mm
A3 297mm × 420mm
A4 210mm × 297mm
A5 148mm × 210mm
A6 105mm × 148mm
A7 74mm × 105mm
A8 52mm × 74mm

B判

サイズ名 サイズ
B0 1030mm × 1456mm
B1 728mm × 1030mm
B2 515mm × 728mm
B3 364mm × 515mm
B4 257mm × 364mm
B5 182mm × 257mm
B6 128mm × 182mm
B7 91mm × 128mm
B8 64mm × 91mm

書籍

サイズ名 サイズ
四六判 127mm × 188mm
菊判 152mm × 218mm
三五判 84mm × 148mm
新書判 106mm × 173mm
三六判 91mm × 171mm
AB判 210mm × 257mm
小B6判 112mm × 174mm
文庫判 105mm × 148mm

印刷用紙(全般)

サイズ名 サイズ
四六判 788mm × 1091mm
B判 765mm × 1085mm
菊判 636mm × 939mm
A判 625mm × 880mm
ハトロン判 900mm × 1200mm
L判 800mm × 1100mm
K判 640mm × 940mm

ハガキ・長型封筒

サイズ名 サイズ
官製はがき 100mm × 148mm
長形1号 142mm × 332mm
長形2号 119mm × 277mm
長形3号 120mm × 235mm
長3横封 235mm × 120mm
長形4号 90mm × 205mm
長形30号 92mm × 235mm
長形40号 90mm × 225mm
長形13号 105mm × 235mm
長形14号 95mm × 217mm

角型封筒

サイズ名 サイズ
角形B3号 375mm × 525mm
角形A3号 320mm × 440mm
角形0号 287mm × 382mm
角形1号 270mm × 382mm
角形2号 240mm × 332mm
角形20号 229mm × 324mm
国際A4号 229mm × 324mm
角形A4号 228mm × 312mm
角形3号 216mm × 277mm
角形4号 197mm × 267mm
角形5号 190mm × 240mm
角形6号 162mm × 229mm
角形7号 142mm × 205mm

このように、これだけ多くの用紙サイズが存在しますが、DMに最も多く使われる形は以下の4つです。

  • A4サイズ
  • ハガキサイズ
  • 長形3号、洋長形3号
  • 角型2号

上記4つのうち、下の2つは封筒のサイズを表しており、それぞれA4サイズの用紙が入るのにちょうどいい形です。
長形3号は、A4用紙を3つ折りにするとちょうど入るサイズで、角型2号は、A4用紙を折らずに封入できるサイズです。

実際に最も利用される事が多いDMのサイズは「ハガキサイズ」か「A4サイズ」の2つということになります。

それでは次に、どのような考え方でハガキサイズとA4サイズを使い分ければいいのかということについて解説します。

DMのサイズは「受け取る方の気持ち」を考えてから決定しよう

DMのサイズを決定する前に「DMを受け取る方の気持ち」を考えることが大切です。

どういう事なのか、例を挙げてみましょう。

  1. 高齢者向けのDMのため、文字サイズや写真を大きく載せて見やすくしたほうが良い。
  2. クーポンや招待状として持ち運んでもらうDMのため、コンパクトなほうが良い。

上記の1であれば、情報欄を広くとって、文字サイズや写真のサイズを大きくできるA4サイズ、2であれば、カバンに入れやすいハガキサイズが適していると言えます。

このように、まずDMを受け取る方の気持ちを考え、それに適したサイズ選びをしていくことが重要です。

サイズを決める前に、DMを受け取る方の気持ちを考える事が重要です。
どういう事なのか、例を挙げてみましょう。

  1. 高齢者向けのDMの為、文字サイズや写真は大きく載せたほうが良い。
  2. クーポンや招待状として活用するDMの為、持ち運びやすいほうが良い。

1であれば、情報欄を広くとれるA4サイズ、2であればハガキサイズが適しているといえます。

新しい形のDM

現在、より多くの情報を盛り込めるような、受け取る方が楽しめるような、新しいDMの形が誕生してきています。用紙を圧着して受け取る方がぺりぺり剥がせるタイプの圧着DMや、◯型や☆型など、好きな形に変えられる変形DMなど、工夫されたDMが数多く存在します。

他社のDMと差別化でき、受け取る方が驚くようなDMを簡単につくれる時代になってきました。

圧着DMの種類

上述した新しいDMの中で、特に最近利用される事が多い「圧着DM」には以下のようなものがあります。

V字圧着ハガキ

仕上がりは普通のハガキと同じ大きさですが、掲載情報量が3倍になります。セールや商品告知と同時にクーポンなどにも利用できます。

Z折り圧着ハガキ

仕上がりは普通のハガキと同じ大きさですが、情報量が5倍程度になります。V字と同じような用途で使用されます。

A4圧着

インパクトがありながら、ハガキタイプよりもさらに情報量を載せられたり、内面にきれいな写真を大きく掲載したりと、効果的な使い方ができるタイプです。

封筒の選び方

封筒型のDMの場合、封筒にもこだわる必要があります。A4サイズのチラシを入れる場合は、上述したように長形3号や角形2号が一般的ですが、招待状やVIP客に対するDMで、高級感のある仕様にしたい場合、結婚式の招待状のような封筒を利用するのがおすすめです。

また、茶封筒、白封筒、透明封筒、黒封筒などの色や質感によっても印象が変わるので、自社の販促にあったものを必ず選ぶようにしましょう。

それでは最後に、用途別に見た、効果が出やすいDMのサイズについて解説します。

用途別!効果が出やすいDMサイズ

用途別におすすめのDMサイズは以下の通りです。

※基本的にA4サイズには封筒が必要です。厚紙の場合はそのままでも大丈夫です。

新商品の告知 ・他社より安い
・キャンペーン実施「○円引き」
セールの告知(情報量が多い場合) ・A4サイズ以上の大きめのサイズ
申し込み用紙 ・A4サイズ
アンケート用紙 ・A4サイズ
クーポン贈呈 ・ハガキサイズ(持ち運びしやすいように)
クーポン贈呈 ・ハガキサイズ
セールの告知(情報量が少ない場合) ・ハガキサイズ
高級感のあるクーポン ・2つ折りの小さめの厚紙で招待状に使われる専用の封筒
他社との差別化 ・圧着DMや変形DM等の特殊な形

おわりに

以上、DMのサイズ選びのコツについて解説してきました。

重要なのは受け取る方の気持ちを考慮する事。送り主が何を主張したいのか明確にする事です。情報量や写真などを強調したいならA4サイズ以上の大きめのサイズ、持ち運びやすさ、わかりやすさを強調したいならハガキサイズ、他社との差別化をするなら特殊な形。上述したポイントを是非参考にしてみてください。

この記事によって、あなたがより効果的なDMを制作できるよう願っています。

また、用紙の質に関する記事も併せてお読みになるとより効果的です。

 

タグ : デザイン
Pocket

The following two tabs change content below.
DM Watch 編集部

DM Watch 編集部

ディーエムソリューションズ㈱のダイレクトメール・物流のエキスパートメンバーで結成。法人取引9,000社以上の実績にもとづいた、DMの反響アップ、コスト削減、業務改善などに役立つ情報を続々発信していきます。