封筒は紙とビニール?どちらの方が開封率が上がるのか徹底比較!

2018.05.01発送代行記事一覧
Pocket

封書DMには、おもに紙封筒とビニール封筒の2種類が使われています。そこで気になるのが、それぞれの封筒の効果。「外から中身が見えるので、ビニール封筒の方が開封率は良い」という意見をよく目にしますが、はたして実際はどうなのでしょうか?

今回は、ビニール封筒と紙封筒の比較や、ビニール封筒の効果的な活用法について迫ってまいります。

徹底追及!ビニール封筒VS紙封筒

「ビニール封筒の方が紙封筒よりも開封率は良い」という意見は、ある面では正しく、ある面では間違いです。その理由は、それぞれの特徴にあります。

ビニール封筒と紙封筒のメリット・デメリット

 
ふたつの封筒の特徴をまとめたのが下の表です。

紙封筒 ビニール封筒
メリット ・信頼感、安定感を与える
・商材を選ばない
・未開封でも中身が見える
・コストを抑えられる
・防水性に優れている
デメリット ・開封しないと中身が見えない
・コストが高い
・高級感を出しにくい
・ゴミの分別が必要
(宛名ラベル貼り付けの場合)

こうして見ると、やはりビニール封筒の方が開封率は良さそうですが、そういう訳ではありません。注目していただきたいのは、紙封筒のメリットとビニール封筒のデメリットです。

ビジネスだけでなく、公式の文書にも使用される紙封筒は、受け取る人に信頼感や安心感を与えることができます。対してビニール封筒は、単価が安いということもあり、どうしても紙封筒よりチープな印象を与えてしまいます。つまり、高級感や品質を訴求する商材や企業のDMにはあまり適さないということです。

また、「未開封で中身が見える」ことも一概にメリットとは言い切れません。言い方をかえると、「外から見て興味を引かなければ、即捨てられてしまう」ということでもあるからです。

開封率が良いのはどっち?

つまり、ビニール封筒と紙封筒でどちらの開封率が良いとは明確に言い切れるものではなく、「DMの用途と中身による」というのが正しい答えです。それぞれに適した商材を大まかに分けると、次のようになります。

ビニール封筒 紙封筒
・ビジュアル訴求が効果的な業界、商材
(レストラン、アパレル、美容系など)
・クーポンや商品券を使った集客
・カタログなど分厚い封入物の発送
(オールジャンルOKだが、とくに)
・高級感や高品質を訴求する業界、商材
・コンプレックス系商材

続いて、効果的にビニール封筒を活用するために必要なノウハウを紹介してまいります。

ビニール封筒の種類

DMに使われるビニール封筒は、OPP封筒とCPP封筒の2種類です。それぞれの特徴と活用法を紹介します。

OPP封筒とCPP封筒それぞれのメリット・デメリット

OPP封筒 CPP封筒
メリット ・透明度が高い
・単価が安い
・強度が強い
(傷がつきにくく破れにくい)
デメリット ・強度が弱い
(傷がつきやすく破れやすい)
・OPP封筒より透明度が低い
・単価が高い

コストが抑えられることもあり、一般的に使用されているのはOPP封筒です。ただし、ひっぱると破れやすいという弱点があるため、分厚いカタログなどの発送にはCPP封筒が適しています。

また、どちらも基本は両面透明ですが、別納・後納マークと宛名を印字するために片面を白くしたり、開封率を上げるためにカラフルなデザインを施したりと、加工して使われることもあります。

ビニール封筒の開封率を上げるコツ

ここではビニール封筒の開封率を上げるコツと、やってはいけないNG例を紹介します。下の例を参照しながらお読みください。

外からプレゼントが見えるように封入する

クーポンや商品券、無料サンプル品など、「お得」なプレゼントが入っていることがわかると開封率は高くなります。外側に封入して目立たせるのも良いですが、「チラ見せ」で好奇心を刺激するのも効果的です。

封入物のキャッチコピーやビジュアルを見せる

透明の封筒で発送する場合、封入物のキャッチコピーやビジュアルで中身を期待させることが重要です。たとえば長3封筒にA4サイズの封入物を入れる場合は、コピーやオファーの案内が外から見えるように、折りを計算してレイアウトする必要があります。間違っても、無地や白紙の面が外側にくることがないように気をつけてください。

ビニール封筒の特典・キャッチコピーの見せ方例

効果的なキャッチコピーの作り方については、こちらの記事も参考にしてみてください。

両面透明のビニール封筒で発送するときの注意点

両面透明の封筒で発送する場合、郵便法の規定によって、封入の仕方次第で定型サイズでも定型外郵便の料金を請求されることがあるので注意が必要です。

封筒とほぼ同サイズの紙を1枚封入する

長3封筒にA4の封入物を三つ折りで封入すると、封筒よりもサイズが小さくなるため、隙間が生まれます。このままの状態で両面透明のビニール封筒で発送すると、定型外郵便扱いになってしまいます。郵便法によって、「定型郵便物は片側から見て裏面まで透けて見える部分があってはいけない」というように定められているからです。

対処法は、封筒とほぼ同サイズ(隙間が1~2mm)の紙を一枚封入すること。こうすれば定型郵便の料金で発送することができます。この紙は、別納・後納マークや宛名シール(印字)の台紙の役割を兼ねることもできます。

おわりに

一般的に開封率が良いといわれるビニール封筒ですが、そのメリットを最大限生かすためには、さまざまなポイントや注意点があるということがおわかりいただけましたでしょうか?

上記以外にも、外から中身が見えるメリットを利用して、紙の封書DMの封入物やキャッチコピーの効果を測るテストにも活用することができます。とにかくコストを抑えられるので、企業にとっては使い勝手の良い封筒です。ぜひこの記事を参考に、効果的にビニール封筒を活用してください。

 

タグ : マーケティング
Pocket

The following two tabs change content below.
DM Watch 編集部

DM Watch 編集部

ディーエムソリューションズ㈱のダイレクトメール・物流のエキスパートメンバーで結成。法人取引9,000社以上の実績にもとづいた、DMの反響アップ、コスト削減、業務改善などに役立つ情報を続々発信していきます。